金属部品加工

技術

創業40年、積み上げてきた技術力と
それに裏付けられた高い品質には自信があります。
maru旋盤加工技術
gijyutu01
gijyutu02
切削加工の中で、被切削物を回転させ、固定された工具を当てて削る加工を旋削加工と呼びます。旋盤加工は旋削加工の代表的なもので、主に丸棒を材料とし加工を行うものです。主な旋盤加工には、外丸削り、突切り、中刳り、テーパ削り、ねじ切りなどがあります。
maruねじ切り加工技術
gijyutu03
gijyutu04
雌ねじを作るときはタップ、雄ねじを作るときはダイスと呼ばれる工具を使います。
特殊なねじを切る場合、適当なタップやダイスがない場合、あるいは大きい径のねじを切る場合などは旋盤でねじを切ることができます。
maru切削加工技術
gijyutu05
gijyutu06
切削加工は金属、木材やプラスチックといった素材を切削工具類を用いて削り取り、希望する寸法や形状にする加工法で除去加工とも呼ばれます。この加工法の長所としては、多種多様な形状が作り出せるということと、できあがりの精度が高いということ。そのため応用範囲が非常に広く、形状が複雑になりがちな機械部品や実験装置などの製作にも重宝されています。
お急ぎの際は、お電話にてご連絡ください。
お電話でのお問い合わせはこちら
《 電話受付時間/ 8:00〜17:00 》
メールでのお問い合わせは、お問い合わせフォームをご利用ください。

PAGETOP
Copyright (C) 2016株式会社 石井製作所 All Rights Reserved.